調査事業

『団体』についての認識とニーズの把握調査

 当連合会では、調査事業の一環として、『団体』についての認識とニーズ把握調査
を実施いたしました。
ここでは、当該事業についての概要と資料公開を行っております。

 

概要

(1)調査の目的

 本調査は、『団体』という組織について、企業の方々がどのように認知され、
また何を求めているのかという実態を把握し、今後の当連合会の活動に取り入れて
いくことを目的として実施したものです。
アンケートの設問内容は、『団体』の運営に関する制度と、当連合会に係る
内容に大別され、前者の部分については、建設産業関係団体以外でも参考にできる
内容といたしました。

(2)調査内容

  御社の状況等について
最近の建設業の状況について
『団体』についての認識とイメージについて
社会が『団体』に対して求めていることについて
当連合会の活動について
その他
 

(3)調査方法・期間

…敢座仂
当連合会に所属する会員団体に加盟している企業・個人、
ならびにインターネット回答による一般の企業・個人

調査方法
調査票を郵送により発送し郵送にて回収、
および当連合会のホームページでの回答

D敢佐間

 平成26年4月から5月

げ鹽数

 871の回答を頂戴し、集計・分析を行った

 

報告書

◇『団体』についての認識とニーズの把握調査

 

)楮子に係る著作権は、全て当連合会に帰属いたします。
二次利用は自由といたしますが、著作者情報(冊子名・当連合会の名称)を
明らかにした上でご利用下さい。
ご不明な点は、当連合会事務局までお問い合わせ下さい。

∨椒▲鵐院璽畔析結果について、冊子での入手をご希望される方は、
当連合会事務局までお問い合わせ下さい。
冊子は無償配布しておりますが、送料のご負担をお願いする場合がございます。

 

 下記では、本アンケートのまとめより抽出し、主立った傾向等について
簡単に記載いたします。

 

(1)アンケート回答者の属性

。牽沓韻硫鹽より解析を行っており、偏差は比較的小さく、実態を相応に
反映したものであると考えられる。

回答者の7割以上が、企業の代表者・役員であり、年齢層も50代以上が
中心であった。したがって、企業の実態を良く理解し、団体加盟への可否を判断される
階層の方々に多く回答を頂戴していることとなる。

数は相対的に少ないが、中堅層からの回答も寄せられており、
年長層とは違う回答傾向が確認できた。

 

(2)建設産業の見通し

〃設産業全体としては、公共事業の回復により、売上は概ね増加傾向だが、
人材不足による人件費の高騰、円安等による資材価格の上昇を受け、利益見通しは
横ばいあるいは減少していくと考えている方が多い。

⊃涌不足感は強いが、増員・賃金上昇・福利厚生向上などは、企業の固定費を
長期的に押し上げるものであり、容易に実施できないと考える方が多い。

 

(3)団体に対する理解

〜澗療に『団体』の制度についての理解度は、事前想定よりも高いレベルにあった。

◆愧賃痢戮量魍笋砲弔い董⊇祥茲らの活動である、「情報提供」「官公庁への
要望活動」を重要視している方が多い。

0輿海箸靴董◆愧賃痢戮官公庁の一部である、特別な保証等があると考えている方も
一定数存在する。

ぁ愧賃痢戮貌辰暴斗廚別魍笋呂覆い箸垢觚靴靴ぐ娶も一定数ある。

ジ益法人制度改革について、過半数の方が認識していなかった。

Υ覿箸砲箸辰討蓮公益法人と一般法人の種別よりも、『団体』の事業内容で
加盟の可否を判断しており、公益法人化が会員数増加に直結するかは疑問である。

 

(4)『団体』のあり方について

^貳未法◆愧賃痢戮砲弔い董◆崑真瑤涼賃里存在する」ことは問題とされていないが
「同種同様の団体が存在する」ことには疑問を感じている方が多い。

■干箒瓩なが、『団体』からサービス・メリットを受けているという意識がない。

 

◇お問い合わせ

一般社団法人埼玉県建設産業団体連合会 事務局 TEL: 048-866-4301
バナー広告
建設物価ブックストア
日本電子認証株式会社

アンケート調査報告 ↑こちらをクリック↑